打ち合わせ

2008年4月28日 (月)

現場担当さん

4月26日(土)
約3週間振りに住林支店での打ち合わせですhappy01

この日は、営業さん、設計士さん、生産さん、施主(うち)と、4者が揃い、部材の総確認と今後の予定を話し合うことになっていました。

しかし我が家の営業さんは展示場の支店長さんでもあるので、GWでお忙しいのでしょうか・・・・ご欠席ですdown

でも我々が打合せ最中、展示場でGW期間中に来場者プレゼントされている“パイナップル”と“ゴーヤの種”を律儀にお届けに来てくださいましたshine

さてさて本題です。
まずは設計士さんと保留になっていた点などの確認。
例えば「玄関脇の水道栓の位置」などです。

最初は玄関口の真横に水道栓が配置されていたのですが、「決して見栄えのいいものではないので、もっと奥に寄せますか?」とご提案いただいていました。

我が家が何故そこに持ってきていたかと言うとですねぇ~。。。。dog大型犬を飼う我が家としては、「犬の足footを洗う為」でもありました。
でも玄関口の真横にある必要もなく・・・・。

ただ・・・・これって外構次第なんですよね~wobbly
我が家の外構プランは全くの白紙状態。
一度確定した後に位置を変えることになると、また余計な費用が嵩んでしまいますbearing

ま、玄関口から少しずらすってったってほんの1~2m。
奥に設置いただくことにしました。

そうこうしていると生産さんが登場です。

まずは、工事の現状話から始まり今後の工程をファイリングされた冊子を基に説明くださいました。
おお~・・・これが噂の
「大満足の家」ですかshine
中身を拝見すると結構わかり易く図式化されてますね

生産担当の方から、「上棟式」の話題が出ました。
我が家・・・上棟式の予定はありませんけれど・・・。

それは営業さん、設計士さんからも「基本的に当社としては上棟式を行ってない」と伺っていましたし、上棟式の日程調整の事情から完成が遅れるのも避けたいという理由です。

「このくらいの時期に棟が上がります。上棟式はどうされますか?」と・・・
あれ~?????  上棟式やらないんじゃないの?

「ま、当社としてはやらない事が多いんですけどね」とも生産さんは仰っていましたので、やっぱりここの支店的にはやらない方向性なのでしょうが、他のお二方と最初の切り出しが違った生産さん。
なんとなく・・・この方とても真面目ですeye

「既に営業さんや設計士さんとお話して、“やらない”予定です。」とお伝えし、別の話題に・・・。

丁度この日(土曜日)は、朝からコンクリートの流し込みが開始されていました。

前夜「明日コンクリート流し込みします。」と。生産担当さんからtelephone連絡を頂いていましたので、この打ち合わせ前に一家で現場に行ってきました。
コンクリートミキサー車が出入りし、ミキサー車は道路に止めての作業ですので、我が家の前の通りを通行止めにしての作業が行われていました。

住林さんとの打ち合わせの時間(15:30)少し位から雨が降っていましたので、我が家も「どうしたかな~。中断かな~。流しこめたかな~」と懸念していたのですが・・・・

すばらしいnotes

生産担当さんは打合せに遅刻したものの、その間現地へ赴き写真まで撮ってきて下さっていました。
「なんとかコンクリート流し込みが終わり、強い日差しも遮る強力シート(=当然雨も防ぐ)で一面を覆っています。」と解説下さいました。

「これで固まるのを待ちます。」との談。

すばらしい配慮ですok

その後設計士さんと生産担当さんと共に、部材の総チェックです。
1つ1つ品番を基に確認してゆきます。

そこでもこの生産担当さん・・色々と我が家に質問を投げかけて下さいます。

この打合せに備えて、事前に確認すべきことを20項目位ポストイットに書き留めてこられた生産担当さん。
そうとう真面目というか、誠意が感じられます。

質問項目の中で一番大きなポイントは“キッチン”。

0217b 我が家はYAMAHAのえんじ色を選んでいます。
食器棚などももちろん同色です。
ちょっと(結構?)目立つお色です。

しかし・・・そんなキッチンも側面はフツーにグレーですsweat01

見えない位置に配置するのであれば、別に側面がグレーだろうと問題はありません。

ところが我が家は和室からちょうどキッチンの側面が丸見えになる設計。

そこで生産担当さんが「このままですと和室から見えるキッチンの側面がグレーで、あまり見栄えはよくないですよ・・・ここ(側面)もえんじの同色にしませんか?」
と・・・・

ほーーーーーーーーーーーーーshineshineshineshine

仰るとおり。
というか、設計士さんからはそんな話は出ませんでしたし・・・言われるまでその視点には気がつきませんでした。
是非最初からそうしていただきたい。

そこで横から設計士さん・・・
「お値段がまた嵩みますけどね~」と、苦笑い。
概算で2~3万くらいupするのだとか。

ところが生産さん
「ま、多分なんとか出来るでしょう。」と。

ほーーーーーーーーーーーーーーーーーshineshineshineshineshineshine

まだその差額がチャラ確定した訳ではないですが、生産さんの口調によると無償で側面をえんじにしていただけそうな気配濃厚。

我が家を担当くださるこの生産さん・・・
ご自身が担当だと決まってから、相当細かく図面やら選んだ部材やらを研究くださったと思われます。

他にも玄関口について・・
「外構に影響しないのであれば、外側の玄関タイルの部分をもう少し広げてみては如何ですか?そのほうが扉を開けて人が立ってもゆったりしますよ。今は結構ぎりぎりです。タイルは30cm四方。あまり削ってもきれいじゃないから見栄えの良いところで・・・etc」と。

ほーーーーーーーーーーshineshineshineshineshineの連発です。

正直・・・大先輩な設計士さんの立場が弱くなるくらい、はっきりと意見を述べて下さいます。
しかも顧客の立場に立ったとてもGoodな意見です。

設計士さんとは見方が違うのでしょうか。

まだとてもお若い生産担当さんですので、そういう面でのセンスの違いでしょうか・・・。
もちろん人間です。 勧める側の好みもあると思います。<特にインテリアなどはこれが大きく反映すると思われます>)

そんな感じで無事(?)打合せは終了です。

Club forestのWebアクセス方法も教えていただきました。

生産さん「既に何枚かお写真入れてあります。でも・・・アナログで2週間ごとの更新なんですけどねcoldsweats01。」と(笑)

あと最後に・・・
「頻繁に現場を見にいらしてください。 また棟梁なども紹介しますし。」との談

special Goodですcrown

そして我が家には朗報・・・

「馬力のある大工さんを手配しましたので、予定より早めにお引渡しできると思います。」と

グレートですcrowncrown

当初はお盆明け引渡し予定だったのですが、それがお盆前の8月上旬には引き渡せそうだと・・。

ま、無理して急いでいただかなくてもいいのです。それによって問題が発生しても困ります。
ただ、堅実な方法で引渡しを早めてくださるのであればとても嬉しい我が家。

なんたって・・・8月末には今の家を売却。 
その前に自分達で(主にきこ太郎)の引越し作業が待ち構えてますから・・・。

426a

この車の後ろにはコンクリートミキサー車。
この車がミキサーからのコンクリートを奥まで運んでいます。






426b
我が家、旗地ですのでちょっと大変そう・・・








426c

どんどんコンクリートが流し込まれています・・・








426d
皆さんお仕事分担して作業をしてくださっています。









426e

流されたコンクリートは、丁寧に整えられてゆきます








426f

雨がふりましたので、全面シート張り







ぽちっとね→
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (5)

2008年4月 7日 (月)

ついに着工合意

4/6(日)
ついに来ました“着工合意”の日ですshine

みなさんの“着工合意”ってどのような流れで捺印をされたのでしょうか・・。
我が家的にはかなり気合を入れてドキドキしながら望んでみたのですが、なんだかあっさり終了。
こんなんでええんかいな? といった感想ですcoldsweats01

我が家の想定は・・1つ1つ部材の確認をしつつその金額の確認。 
その後に捺印。今日も3時間コースくらいかな~・・・と思っていたのですが・・・。
担当営業さんの流れるような余談トークが加わっても1時間で終了しました。
子供のみならず、夫婦で唖然です・・・。

着工合意には営業さんが登場されました。営業さんからは「他の打ち合わせがあるので、この日は同席できません。」と事前に伺っていたので、これも想定外。
設計士さんは別の打ち合わせが押していたようで、後から遅れて登場されました。

営業さん曰く・・・毎回1つ1つの部材仕様についての読み合わせは通常は行っていないそうです。
彼の19年の住林暦の中でも、読み合わせを希望されたファミリーはごく稀。とか・・・。
すでにこの日までの打ち合わせで納得済み。という想定なのだそうです。

夫きこ太郎も不安を感じで「読み合わせせずに、もしも内容が間違えていた時に変更は出来るのか?こんなに簡単に捺印していいものか・・・とちょと不安を感じる・・」と訴えていました。

我が家は契約から着工までも短く、その間平日に打ち合わせが出来ないという我が家の事情もあり、メールでのやり取りが結構あります。
しかもこの日の直前まで調整箇所があったりしたものですから、金額とは別に、変更した部材の品番などが正しく反映されているのかがちょっくら心配・・・とういのが本音なのですcoldsweats01

その結果、営業さん、設計士さん、現場の責任者になられる方、そして我が家。の4者打合せを早いタイミングで行いましょう。という提案が出てきました。
そこで部材の確認を行います。 それ以降も間に合うものであれば変更は可能です。と・・・。

我が家は4/20(日)が地鎮祭の予定なのですが、その翌週末にその4者会談を行うことをお約束して、着工合意書類に捺印しましたflag

3月末の決算の結果、住林さんは100%を割ったのだとか・・うちがお世話になっている支店さん的には、54社(でしたっけ?)中では上位の方だったらしいのですが、厳しい結果に終わった事はたしかです。との談・・・・。

そうそう・・・この日営業さんと設計士さんが同席下さいましたので、みなさまのブログからいつも勉強させていただいている中で我が家が気になっていた2つの項目についても確認してみました。
(本当に皆さまのブログやご意見・・とても参考になり感謝です。有難うございますshine。)


①隠蔽配管は将来エアコン交換時にも継続使用できるのか

これは最初に取り付けるメーカーと同じものであれば可能だそうです。
そもそも隠蔽しているので劣化も然程ないだろうし・・・。との事。


②本当に「上棟式」なるものはないのか?

我が家はもともと地鎮祭を検討している時に「上棟式は?」と訪ねたところ、「上棟式なるものは特にやってませんねぇ~。」と言われていました。
我が家の営業さん、設計士さんは同期入社で19年目。そのお二人共が「殆どやったことはない」と。

「やるやらないは地域性も大きく、この辺の方は昔から住んでいる土地で建替えるなどであれば行う場合もあるが、新しく購入した土地に家を建る場合は殆ど行っていない。
(我が家のように)夫婦共に平日働いている家だと、“土日の良いお日柄に合わせて”となると、そのタイミングにあわせねばならず工期にも影響が出てしまう。
いわゆる“棟が上がった。”という日はお知らせをするので、夜などに見に行っていただくということで如何なものか。」 といった感じ。

「最初に大工を紹介するので、その時に缶コーヒー代×90日分のお代を渡していただければ、毎日工事を見に行く時に手土産を・・・と気にしていただかなくても済みます。敢えて上棟式で近隣や大工さんに何かを振る舞う必要はありません」とも・・・
(とはいえ、心情的にはそうもゆかんだろ・・eye

やはり都心はあっさりしているのでしょうかねぇ。
昔からの考えを持つ我々としては、「棟上」は建築の一つの儀式。と思っていたので。。。。。

担当さんたちも、別の地方では経験したことがあるが・・といった薄い反応でした。

夫婦してこの土地に生を受けたわけではないので、まあ・・・あっさり方式でいいのかも知れませんcoldsweats01
モチロン我々が希望すれば、上棟式も出来る訳で・・。



着工合意の際に話題にでた中で「お支払い(ローン契約)」の件もありました。
これにつてはまた追って記録を残すべく記述したいと思います。


Ps ワタクシ・・・子供の風邪をもらってから2週間ほど・・・体調が回復せずにかなりツライ日々ですdown
   皆さまもどうぞ体調には気をつけて下さいねconfident

ぽちっとお願いします⇒
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (11)

2008年3月 4日 (火)

照明

3/1(土)・・・今週もやって来ました住林さんとの打ち合わせです。
本日は夕方17時のアポイントのため、きこ坊にはお弁当を用意し、そして新たな遊びものを調達して望みましたhappy01

お弁当といっても、弁当箱にはおにぎりriceballとウインナーのみ。
本人それで充分満足なようで、楽しそうにリュックに詰め、「お茶を水筒に入れて♫」と追加リクエストをし遠足気分でご満悦ですscissors

Flom そして新たな遊びアイテム・・・これはフロームというアメリカから来た、ジェルとビーズが入った粘土のようなもの。
きこ坊は打合せの間、私たちのどちらかに「作ってーnote」と催促をしながら、コネコネ・・・・。
これまたご満悦。
(ま、それでも3時間は彼にとっては長く・・・後半は「まだ終わらないの~」とブツりながら、支店ショールーム内を我々のどちらかを引き連れて徘徊しておりました・・・)

さて打ち合わせです。
今日は久々に担当営業さんが登場です。
彼が登場した理由は『地鎮祭』について。
4月下旬着工予定なのですが、その前に4/20(日)に地鎮祭を行うことにしました。
神主さんは住林さんのほうでご手配下さるらしく、新宿にある神社の神主さんが地鎮祭を執り行って下さるそうです。
流れや、準備するもの、服装などなど・・・具体的にご説明いただきました。

次はインテリア担当の方が登場。
先週から始まった“照明”の打ち合わせですね。

具体的な照明器具まではまだ決めなくてもいいのですが、配線調整のため、「どの位置にどんなタイプを取り付けるか」・・がメインテーマです。
照明・・・これも以外に侮れません。
きこ太郎はお洒落な照明設計をしたいようなのですが・・・これまた当然費用対効果。
どうなりますやら・・・。
一応この日は、現実的な照明配置についてを調整しました。
インテリアコーディネーターさんからは、「3/9までに具体的な商品を選んでご連絡下さい。それで概算を出します。」と各照明会社の分厚いカタログbookをお借りして打ち合わせ終了。

最後の登場人物は設計士さんです。
我が家は先週日曜日にやっと土地の引渡しがあり古家に入ったのですが、そこで初めて分かることが幾つかありました。
例えば・・・2Fの北側が生産緑地&北というより北東ということもあり、予想以上に明るいのです。
ですので、2Fの窓を拡張していただくリクエストを追加。
そして逆に1Fのリビング部分は予想通り(?)VeryGoodに採光は望めないことも判りましたので、リビングの窓の拡張。
などなど・・・・。

その他最終的な微調整や、きこ太郎がお願いしていた諸々の変更に伴う追加額のお話などで、本日の打合せは終了です。

とっくに夕飯の時間を過ぎていましたので、そのまま外食restaurantして帰宅となりました~。

ぽちっとね⇒
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (4)

2008年2月26日 (火)

1/50図面完成

あれよあれよで1週間が過ぎてゆきます。

2/23(土)、2週間振りの住林さんとの打ち合わせでした。
お約束時間は15:30。
我が家からは車で20分位で到着できるのですが・・・・・・・
な、な、なんとthunder・・・15時頃に車に乗ろうとしたらエンジンがかからないではないですかい!?
Oh No~・・・・wobbly
どうもこうもエンジンはかかなず、大慌てでタクシーに切り替え、ギリギリ約束時間に滑り込みセーフ。

(翌朝ディーラーさんに来て頂き、エンジンをかけてもらってそのままディーラーに持っていったのですが、
原因はトランクが平日の1週間、ずーーっと半開きになっていた為のようです。
もう・・・・思わぬ出費3万円也。
これでまた1つ新築へのオプションが減りました・・・。)

この日は1/50図面が出来上がってくることになっており、その確認と、今後我が家のインテリアコーディネートをしてくださる方との顔合わせがメインテーマです。

まずインテリアコーディネーターさんとのお顔合わせ。
若い女性の方が我が家を担当下さいますhappy01
「今日は照明のご希望などをヒアリングさせてください。」との談・・・・。
「・・・・・・・・・・」

我が家・・・正直言って、まだ照明の分野は明確に考えていませんでした。
2Fの寝室や、子供部屋は“施主持込”にしてあります(コスト削減のため)が、それ以外は・・・。

ざっくりなイメージをお話し、そしてきこ太郎は「LED照明について・・」を質問しました。
LEDについては、まだ一般改定には浸透していませんね・・・。とのコーディネーターさん談。

そして1/50図面eye
おぉぉぉぉ 素晴らしいflair
各所細部に渡って図面化されています。
それを一箇所ずつ細かく設計士さんが説明して下さいました。

素人からすると、本当に素晴らしい。
事細かに記載されていたり、図式化されています。

後はきこ太郎が事前にメールで確認を依頼していた内容について、設計士さんよりご回答がありました。

例えば・・・現在トイレ内にどうしても手洗いをつけたいのです。
タンクの上からじょーーっdownとお水がでるのではなく、別途、壁に蛇口のある手洗いをつけたい・・・。
その為のトレイ選びや、設計、費用などなど念入りに打ち合わせです。

また例えば・・・小屋根収納のハシゴについて。
もともとは普段は廊下の脇に立てかけておくような固定ハシゴを使用し、小屋根収納の入り口は空いた状態。・・・と設計されていたのですが、途中で我が家が「格納式ハシゴに変更してみようかな・・・」と思ったりもしたので、その双方のメリットデメリットのお話を伺いました。

格納式ハシゴの方が廊下がすっきりする為、その方がいいな~・・・と思っていたのですが・・・。
コストも勿論こちらの方がお高いのですが、それとは別な問題で、格納式ハシゴ部分で屋根裏の床に1m以上のスペースを必要とするとの事。

ふむ~・・・・ならばまるまるスペースを使える方がいいな~・・・・と言う結論に達し、当初のままと相成りましたcute

本日のきこ坊はといえば・・・お菓子をボリボリと食べ、飴を散々食べ・・・。
ちょっと慣れてきた住林支店内を1人でウロウロしてみたり・・・。「まだ終わらないのーgawk」と何度も囁いてみたり・・。
ワタクシきこぽんを引き連れてキッズルームに行ってみたり・・。

我が家、基本的に普段は殆ど子供にお菓子類を与えていません。
私が買ってこないため、スナック菓子やアイスクリームなんてほぼ皆無。 

そんな日常で、住林さんとの打ち合わせな日は、きこ坊にしてみると、たらふくお菓子が食べられるいい場のようでありますcake

ぽちっとね⇒にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (6)

2008年1月29日 (火)

予算超過!?

こんにちは~。今日も仕事中に内職書き込みでございますpencil

さてさて、年始早々ドリームハウスを建てていただくハウスメーカーさんを決定した我が家ですが、年末から週末ごとに大忙しですrun


1/12、住林さんとの3度目の打ち合わせを行ってきました。

今日も近所にある展示場内・住林邸にて行われましたが、夕方からの打ち合わせでお客さんもいない事だし・・・本日も我が子はテレビをお借りして持参したmyDVDをデカイ態度で観賞tv

いかんせん・・・本日の打ち合わせも所要3時間! 終了したら夜8時でしたnight
腹も空くわな・・・


先週設計士さんに色々お伝えした意向が図面に上がってきました。
フムフム・・・現実的な図面ですscissors

いかんせん初めて住林さんにお会いした時の暫定図面は、あまりにも素敵すぎていたのです。
例えば・・・リビングはこのままレストランを開けそうな感じで、庭に面した窓が大きな円形だったり・・・
営業さんも「奥様にレストランを開いて下さいとは言ってませんが、そんなことも可能そうなリビングですね・・」とcoldsweats01

いえいえ・・・・ワタクシきこぽんは家事の中でも料理は特に苦手です。wobbly

話は現実的な図面に戻ります。

我が家が購入した土地は42坪。北東が生産緑地に面してはいるものの、3方向を隣家に囲まれた旗地です。
旗の部分はほぼ四角・整形地。

今まで中古物件を探していた時も私達はこの“旗竿地形”には別に拒否反応はありませんでした。
ただ・・・結構旗竿地形という物件は、車が止められない位細い通路だったりすることが多かったですねぇ~。

しかし今回購入した土地の竿部分は横幅3m。 車を置いても充分人が通れます。
そして長さは車2台は余裕。ま、3台目も入るかな~・・・くらい結構長いものです。


そんな3方向を隣家に囲まれた土地ですので、当然!日当たりが懸念されます。
というか・・・、決して日当たり良好ではありません。

その為営業さんや設計士さん的には2FにLDKという提案をされたりもしたのですが、我が家(特に私!!)は1FにLDKを作りたいのです。

これは各々の好みだと思うのですが、私は断然1FがLDK♪ しかもリビングは庭に面している!がいいのです。
子供がリビングでドンドン暴れても気にならない。BBQするにもキッチンと庭は同じフロアが便利。夏は花火しながらスイカも食べられる。ついでに庭で流しそうめんするも良し、餅つきするも良し(笑)shine


余談ですが、ワタクシきこぽんは大阪の外れで生まれ育ったのですが、高校位で今の家に建て替えるまでは、か~な~りっ!《分かる方には分かる、仮面ライダー電王・ゆうと風》広い庭(?)畑(?)空き地(?)のある家だったのです。(建て替える時に一部土地を売ったり、我が家とは別にマンションも建てたりして狭くなりましたが・・・><)
なので、昔ながらの木の家で、昔チックな間取り=1FがLDK(って・・・実家を建替える迄は平屋だったのですが^^;)がいいのです。


支離滅裂になってしまいました。
とにかく1FがLDK、そして庭は少しでも広く取りたい!
これが希望ですsign03

1FをLDKと決めて、ある程度の採光を望むために、私達と営業さん&設計士さんで考え、南部分庭を広めに取り、延床約32坪ほどの家の図面になりました。


ざっくりレイアウトをご説明しますと・・・
【1階】玄関・LDK・4.5畳程の和室・トイレ
【2階】洗面・浴室・トイレ・我々の部屋・子供部屋
そして屋根裏収納 です。


そんな図面の詳細を、細部に渡って営業さんが説明して下さいました。
ふむふむ・・・ほーーー。 


最後は当然気になる予算です。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・sign03
ぎょぎょ。 予算オーバーではないですかいshock

最初の時点で予算超過だったため、我が家的には資金繰りをして初期予算をUpしました。そのお陰で住林さにお願いすることが現実化し、住林さんもUPした予算内でほぼ納まるように考えましょう・・・・と、伺っていたのが、更に500万位の予算オーバーです。
土地購入だけでもかなりの金額を費やしている我が家にとっては、+500万はキツイです・・・。


しかし・・・もう後には引けません。

営業さんに、他社さんを断り住林さん1本に決めた理由、とても住林さんに魅了された理由などをお話し、営業さんは主に次のような提案をされました。

※外構などは最初最低限にしておいて、後々自分達で整備してゆく。
※本棚のような作り付け類は最低限に納めて、後は後日自分達が家具屋などで購入する。
※同様に照明やカーテンなども少しグレードを下げる。
※住林の完成見学会に協力する。(完成時、住林で建ててる他の方に公開見学してもらう。)
※加えて、今回は土地を購入した不動産屋さんも住林系列なのですが、そこからの紹介という事も値引きに考慮してくださるとの事でした。

いずれにしても、後々自分達も欲が出たり、オプションを付けたりして最初の見積り価格からは絶対オーバーすることがミエミエですので、最初の時点で予算超は困ります。

図面の若干の変更もお願いし、費用など諸々を含めて来週に持ち越しとなりました・・・。


いやはや・・・3時間。お疲れ様でした。
我が子よ!よく3時間1人遊びで頑張った!!kissmark

外は真っ暗綾・・もう8時だべ!? 夕飯はどうするだべ? 
当然帰りに外食をしてから帰宅しました。。。。restaurant

ぽちっとね⇒にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ

| | コメント (0)